アセット 1pro.png

つくにうららが自身の作品を上演するための団体として、 2011年の桜美林大学総合文化学群在学中に旗揚げ。 最近はやる気が出たらもぞもぞと準備をし、気分が乗ったら公演を行う。
モノローグとダイアローグを織り交ぜながら、他者と関わり、傷つきながらも生き方を模索し続ける人々を時に穏やかに、時に激情をもって描いている。
2012年にはシアターグリーン学生芸術祭 Vol.6に選出、 2016年に
は王子小劇場の佐藤佐吉ユース演劇祭に招聘された。

​受賞歴

2012年

シアターグリーン学生芸術祭 Vol.6 『往断歩道、 その川岸で』

こりっち賞 (舞台美術: 藤田彬 )

 

2014年

王子小劇場佐藤佐吉賞2014 「その揺れでふれる手』

優秀助演男優賞 (有吉宣人 )

 

2015年

王子小劇場佐藤佐吉賞2015 『あのこそのことはないちもんめ』

優秀演出賞 (つくにうらら)、優秀主演女優賞 (中村佳奈)、

優秀助演女優賞 (あおのゆきか)、 優秀衣裳賞(つくにうらら 小見波結希)

 

2016年

王子小劇場佐藤佐吉賞2016 『隣の芝生の気も知らないで』

最優秀衣裳賞 ( 茂原里華 )

アセット 4pro.png

1991年12月6日生まれ、神奈川県出身。桜美林大学総合文化学群学群演劇専修卒業。

大学在学中より脚本、演出、制作として活動し、主宰する演劇ユニット「カミグセ」では全ての公演で脚本・演出を担当する。

綱渡りのような緊張感のある会話から、情景と心情を鮮やかに描くモノローグまで様々な手法を織り交ぜ、場合によっては(特に必要がなくても)歌って踊る。

また、2014年4月~2016年8月まで、東京都北区の民間劇場「王子小劇場」にプロジェクトディレクターとして勤務。『佐藤佐吉演劇祭2014+』の運営や、『王子小劇場中高生演劇サマースクール』の企画運営に携わる。

さらに2020年2月~2021年9月まで、東京都武蔵野市の公共劇場「吉祥寺シアター」の職員として、『吉祥寺ダンスLAB.』、『吉祥寺ダンスリライト』、「吉祥寺ファミリーシアター『ぞうれっしゃがやってきた』」などの企画制作を行う。

2017年より、制作・ドラマトゥルクとしてコンテンポラリーダンスカンパニー「水中めがね∞」へ加入。

近年は演劇、ダンス、音楽等ジャンルを問わず、制作・プロデュースを行なっている。

カミグセ『あのこそのことはないちもんめ』にて、王子小劇場佐藤佐吉賞2015優秀演出賞、優秀衣裳賞を受賞。

つくに宣材2022(撮影:金子愛帆).jpg

撮影:金子愛帆

​主な活動歴

2013年10月-11月

POPlinks link#1→ "Photo” 『超高層ノスタルジア』 演出

脚本:山岡太郎 (駄目なダーウィン舎)

@新宿眼科画廊スペースO

 

2015年1月

王子小劇場主催 「新春玉山福袋」

参加作品 『まねっこどうぶつ』脚本・演出

@王子小劇場

 

2016年1月

ヒヨコの神様旗揚げ公演 「いい加減に気付けお前は性格悪いんだ」

参加作品 『つくりばなし』 演出

脚本: 柴幸男 (ままごと)

@新宿眼科画廊 スペース地下

 

2017年5月

星姉妹5月企画 「Reading Cafe」 内、

リーディング作品 『タナトスのガールフレンド』 脚本提供

@cafe magari 駒場

 

2018年2月

コジョ コジョる vol.1齋藤かずえ×コイズミショウター人芝居企画

『ハーフアンドハーフ』脚本・演出

@Gallery & Space しあん

 

2021年2月

ティーファクトリー「第1回 T Crossroad 短編戯曲祭 <2020年の世界>」

参加作品『いけしゃあしゃあと雨のなか』脚本 演出:赤澤ムック 

@吉祥寺シアター